HOME > 採用情報 > インタビュー > スポーツ営業部 スイミング営業課 尾関絵里子
2007年新卒入社

尾関 絵里子

スイミング営業課

女性営業社員の見本と言われる存在に

普段はスポーツ専門店を中心に量販店、問屋といった取引先を定期的に訪問して営業活動を行っています。1日中外回りの日もあれば1日中社内にいる日もあったりとマチマチではありますが、だいたい週の半分くらいは外出しています。
私は体育大学に通っていたので自分の好きなスポーツ業界で働けていることがとても楽しいですし、自社製品のスイミングゴーグルを使った選手からいい感想をもらったりすると嬉しいです。また、タバタでは社歴や年齢、職種に関わらず、自社製品の開発にも携わる事が出来るので自分の意見が反映された商品が実際に店頭に並んでいるのを目の当たり出来る事ってやっぱりやりがいを感じますよね。現在スポーツ営業部の中で女性営業は私1名だけですが、男女関係なく仕事はさせてもらえています。体育会系で培った男性営業とも張り合うくらいの負けん気と(笑)女性ならではの視点でどんどん色々な意見を発信していきたいと思っていますし、将来増えるかもしれない女性営業社員の見本になれるような存在になっていきたいです。

ONとOFFのメリハリは大事にしています

夏が最盛期のシーズン商品なので、1年の中で繁忙期とそうではない時期とがはっきりしており、年始から春先までが夏に向けた提案や準備、夏には競泳の大会や店舗での販売応援等をしたりと、忙しい時期が集中する事があります。
しかし、落ち着いた時期には昨年から個別に取得が出来るようになった夏季休日を満喫するのを楽しみにしています。比較的仕事の落ち着く秋口だと混雑を避けて遠出も出来るので嬉しいですね。また、普段からOFFの時間を楽しむようにしているので、仕事後に野球観戦をしたり、休日は社員同士でゴルフに行ったりと趣味を楽しむ時間に充てています。スポーツに関係する仕事をしているのでできる限り、スポーツに日常から関わり、楽しんでいたいですね。


HOME > 採用情報 > インタビュー > スポーツ営業部 スイミング営業課 尾関絵里子