HOME > 採用情報 > インタビュー > デザイン科 ゴルフチーム 橋本政弘
2010年新卒入社

橋本 政弘

デザイン科 ゴルフチーム

デザイン作業だけでない。
コンセプト設計から参画できることがやりがい

メーカー内のインハウスデザイナーになりますので、デザインのみ、製品の1部分のデザインなど限定された業務領域ではありません。製品のコンセプト作りからデザイン、量産、改良とモノづくりの一連の工程に携われる事は大変ではありますが、広い領域に携わって仕事が出来る事にやりがいを感じることができます。最初から最後までデザインに拘ってできた製品はとてもカッコイイ製品になりますよ。この充実感はTabataでできるインハウスデザイナーの特権だと思います。

この会社の規模だからできること
それは全部門の顔が見えること

営業、購買、製造等、多くの部門と協働して仕事を進めていく機会が多いのですが、組織毎に役割が縦割りされているといった進め方では無く、全員がイチガンになって一つの製品を作り上げていく事が出来ます。意見を交わす中で自分が思い描いたデザインコンセプトとは違った方向になっていく事もありますが、全員イチガンの中でしか出来ないようなモノづくりが出来てる手応えもありますし、主張すべき点はしっかりと聞いてくれる良い意味で協力し合える雰囲気の中で仕事を進められています。
営業や製造などと違った視点でデザインを考えることができるのも各組織がイチガンとなって作り上げるメリットだと思います。また、同じデザイン課のメンバー内でもアイデアや意見を交換しあったりと、グループで仕事を進めていける楽しさもありますね。

普段できない旅行も自分のスケジュール予定次第!

最近休日の午前中は好きなゴルフのレッスンを受講してます。あと本を読むのが好きなので、平日の仕事帰りや休日に本屋へ行って好きな本を探し、リラックス出来る入浴中や喫茶店内でのんびりと読書したりしています。以外とリラックスした状態で本を読むとカッコイイデザインが思い浮かぶものですよ。”メリハリをつけて仕事をする”というTabataの取り組み姿勢はオフの時間も充実でき自分の生活スタイルがカッコよくなると思います。
それと今年から夏休みが個別のスケジュールで取得出来るようになるので、トップシーズンを外して普段行けないような所に旅行に行ってみたいなとも思ってます。旅行することでアイデア発想のスイッチに刺激を与えたいです。


HOME > 採用情報 > インタビュー > デザイン科 ゴルフチーム 橋本政弘